フリーメイソン 都市伝説

フリーメイソンに関する都市伝説の噂

謎が多い団体には、いろいろな都市伝説が存在するものです。

 

謎が多いだけに、真偽が検証できませんから、噂が都市伝説として一人歩きしてしまいます。

 

例えば、その代表的団体が、『フリーメイソン』です。このフリーメイソンは極めて謎の多い団体なので、様々な都市伝説が多数あります。

 

また、フリーメイソンはアメリカ大統領など政財界の大物に会員が多いことからもいろいろな都市伝説が発生するのでしょう。

 

フリーメイソンは秘密結社?

例えば、フリーメイソンはいろいろなメディアから、国家の転覆や戦争などを目論む世界規模の秘密結社として扱われています。

 

各国の紙幣にフリーメイソンの存在を示唆するマーク(シンボル)が使われているという都市伝説もあります。

 

例えば、日本にもフリーメーソンの日本支部があり、このページの富士山とフリーメイソンのシンボルマークの「コンパス」が、ぴったり「千円札」の富士山と野口英世の目と同じ構図になっていたりします。

 

怪しいと思われているフリーメイソンの原因は?

これらは、フリーメイソンの様々な儀式では旧約聖書が用いられ、ソロモン王など古代ユダヤ系の人物が儀式に登場することが多いことから、そのようなユダヤ系の団体でただ単に偏見で怪しいというイメージをもたれている事が原因のようです。

 

実際には、フリーメイソンの都市伝説はほとんどが真実ではなく、会員同士の親睦を目的とした友愛団代という説が正しいようです。

 

もちろんこれも、確証できるわけではないのですが、本当に危ない地下組織はいろいろな都市伝説が飛び交うような有名な団体にはならないでしょう。
スポンサード リンク

スポンサード リンク

都市伝説動画